トップ

リスクが少ないエコについて

様々な種類のエコ

原子力

エコな発電方法の種類とは

エネルギー問題は東日本大震災の発生後により深刻化を増しており、さまざまな対策が取られています。とくに化石燃料の枯渇の心配がある火力や放射能汚染のリスクが高い原子力を用いないエコな発電方法が求められており、それは自然エネルギーを利用するものとなります。日本の場合、火山が多いことから地熱を利用するものや、風力を利用するもの、ダムなどの水資源を利用したものなど様々な種類のエコ発電がありますが、費用がかかることや地域が限られるため、効果的とはいえないのが現状です。そこで太陽光を利用したものは、全国どこでも可能であり、建物の屋根や空き地などに設置可能なため非常に有効的とされ、注目を浴びています。

様々なエコ発電方法とは

電気エネルギーを生み出すには、巨大なタービンを回転させる必要があり、現在主流となっている方法が水を沸騰させ、そこで発生する蒸気の力によって行なわれています。その水を沸騰させるには化石燃料を燃やしたり、核燃料の核融合を利用するなど限りある資源を利用したり、環境へのダメージのリスクがある方法となるため、エコロジーの観点から問題視されています。そこでエコな発電方法の開拓が求められ、水の沸騰に火山の熱を利用したり、ダムの放流や風車によって直接タービンを回転される方法などその種類は様々です。しかし、立地的な条件がきびしく、生み出すエネルギーの量も少ないため、より効果的な太陽光による発電が注目されています。

↑PAGE TOP